ひよっこ。

I want to…

    広告
  • つぶやき。。。

    • 間違って違うワークスペースでヘルプを出してしまった。怖... 19 hours ago
    • うーん、notificationなどで利用するComponent内で限定した(Reactで言う)stateを持ちたいんだけど...。素直にhyperappのstateで保持するか。 1 day ago
    • ふと気になって調べてみたら、ESNextの OptionalChainingはstage1にはいるのか。 github.com/tc39/proposal-… 2 days ago
    • @JorgeBucaran ありがとうございます。ちょっと試してみます。ondestroyのログは取れてたので、 > This event is not called in its child elements. が原因かなと思ってました。 2 days ago
    • SlackってNGOや教育割り引きあったのか。おおよそ85%オフとのこと get.slack.help/hc/ja/articles… 2 days ago
  • archive

  • ジャンル

  • tag

TracのReadonlyの背景を変更する

Posted by hikaruworld : 2010 2月 17

TracにはWikiページをReadonlyにすることが出来ます。
但しReadOnlyにしたからといって、Wikiページの見た目が変更されるわけではありません。
(ADMIN権限がないユーザで編集ボタンが表示されなくなりますが)

基本的には上記の動作で困りません。
ところが、自分が編集しない意味でreadonlyにした場合でも、気が付かずに編集してしまうことがあったので、
readonly時に背景を変更するように対応してみました(プレビュー時のイメージです)

※「自分が編集しない意味でreadonlyにした場合」の例としては、例えば顧客の承認を得たような文書です。

以下、本題です。

Trac0.11では、tracプロジェクト/templatesにsite.htmlを置くことでGenshiを利用したヘッダー/フッダー/CSSのカスタマイズを行うことが出来ます。
私の環境だと複数環境Tracのtemplatesを共有化させるために、以下のような設定をしていますので/hoge/templatesDir/のsite.htmlの編集をします

[inherit]
templates_dir = /hoge/templatesDir/

site.htmlは以下のようにしてreadyonly.pngを読み込ませるようにしました。

<!-- ReadOnly customize -->
<py:if test="req.environ['PATH_INFO'][0:5] == '/wiki'">
	<py:if test="page.readonly">
		<style type="text/css">
		<!--
		body {
			background:url(/htdocs/readonly.png);
		}
		-->
		</style>
	</py:if>
</py:if>

あわせて、trac.iniで設定している”htdocs_location”にreadonly.pngを設定すると、
readyonlyページが以下のようになります。

以上です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。